ごーうぃずの日記

2021年05月

先日、刺激と膜と処理について書かせて頂きました。

http://winchgowith.livedoor.blog/archives/8927543.html

もう少し詳しく書かせて頂きます。

まずは、刺激と処理について、

 

刺激とは?

 

松田は刺激には

「外部からくる刺激」「内部からくる刺激」の2種類があると考えてます。

その刺激に対して人は「処理」を行っています。

 

外部からくる刺激とは?

五感(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)で感じることが出来るものです。

 

内部からくる刺激とは?

五感を通して外部から入ってきた刺激が、私達の中で反応して湧き上がってくるものです。

 

処理とは?

人は内部から起こった刺激に対して意識的にも、無意識的にも、刺激を溜め込まないように、

何らかのリアクションを起こします。

 

例えば…映画(視覚と聴覚からの刺激)を観たら、感動(視覚と聴覚から入った刺激に対しての反応)して、

涙を流します(刺激に対しての処理)。


o0400033814948613607

外部からの刺激は五感から入りますが、

我々はそれ以外にも、見えないバリアーを纏って生活しています。

そのバリアーを「膜」と呼びます。

次回は膜について書かせて頂きます




愛知県は、3回目の緊急事態宣言が6月20日まで延長されました。
昨年の緊急事態宣言の違い、学校が休校になることなく、
余り変わりないように思えます…。
昨年の緊急事態宣言下の当事業所は、他の事業所より営業時間などを自粛してしまい、
保護者の方々への、協力が余り出来ませんでした。
これは、失策だと今でも悔やんでいます…。

ワクチンが配布されたとはいえ、
未だゴールがが見えない、このコロナ禍。
fukusi

利用者・ご家族の為に働く、医療福祉関係者の方々に深く敬意を表します。

                    松田 剛







以前、受講したセミナーで「人材・人在・人財・人罪」の言葉を教えて頂きました。

人材…よく使われる言葉。組織・業界にとって+になる人。
人在…いても居なくても、良い人。+にも-にもならない人。
人財…組織・業界にとって重要な人。大きな+になる人。
人罪…組織・業界に害をなす人。-にしかならない人。

松田は今どのへんでしょうか?
人材にはなっていると思いますが

皆様、人財を目指しましょう!






人は常に、刺激を外から内から受けて生活しています。

外からは、気温・音・匂い・人の言葉…etc 自分の外から入ってくる刺激。

内からは、喜び・怒り・悲しみ・感動…etc  自分の内か側から湧き上がってくる刺激。

 

私達は刺激に対して、自分を守る膜(バリアー)があり、

入ってきた・湧き上がってきた刺激に対しては、

時には受け入れて成長の糧に、時には聞き流し・無視する

と、適切な処理を行っています。

mimi

 

 

発達に凸凹があるお子さんは、刺激に対しての膜(バリアー)が弱い子がいて、

また入ってきた刺激に対して、適切な処理が上手く出来ない時があります。

例えば、我々には何とも無い音にも、

自分を守るバリアーが弱く、適切な処理が出来ない故に、

耳を抑えてしゃがみ込んでしまったりします。



このページのトップヘ